Avocados from Mexico

メキシコ産アボカドとは

About APEAM

APEAMとは
APEAMとは-画像1
メキシコ産アボカド生産者・輸出梱包業者協会(APEAM: The Avocado Producer and Exporting Packers Association of Mexico)は、メキシコの太平洋に面した大アボカド生産地ミチョアカン州のアボカド輸出計画推進を目指して1997年に設立しました。APEAMにはパッカー(梱包・輸出業者)43社、生産者1万8764社以上が加入し、アボカド栽培面積は10万9,030ヘクタールを超えています。
APEAM会員のアボカド生産者・パッカーの輸出先は北米、アジア、中米、ヨーロッパです。 APEAM会員は、最高の味と安全性、品質を誇るアボカドの生産に向けてワールドクラスの厳しい業界規格の採用に専心しています。例えば、生産者は、果実の汚染防止および細菌や残留農薬の問題の解消を目指して農業生産工程管理(GAP)を実施し、農園で継続的に適正農業規範プログラムを展開しています。
パッカーは、優れた商品品質を守るため優良製造所基準(GMP)プログラムを採用し、世界各地の市場に安全と美味しさを運んでいます。 メキシコのアボカド生産者は、メキシコ産農畜産物の輸入国との間で結ばれた一般及び特定国際協定に準拠すると同時に、病害虫の蔓延を防止するために厳密な植物検疫規制を誠実に遵守してきました。 その結果、メキシコの生産者は、輸入国の農業を脅かすことなく、国際市場での地位を築くことができたのです。 詳しくは下記サイトを御覧ください。 http://avocadosfrommexico.com/ http://www.apeamac.com/en/

接続可能な開発 ― 徹底した管理

APEAMとは-画像2

環境

APEAMはアメリカ農務省が認証した地方自治体 /栽培地の大規模な森林再生プログラムに投資し、100万本以上を植林しました。この取組みのほかにも、地球の健康を守るための活動を支援しています。
APEAMとは-画像3

人的資源 ― 何千人もの永続的・短期的雇用

この優れた作物は、何千人もの永続的・短期的雇用を創出し、地域社会の経済を強化し、社会福祉プロジェクトの財源と環境的持続可能性に貢献しています。
APEAMとは-画像4

入念な選別

アボカドをパッキングハウスに搬入し、サンプルを薄切りと角切りにして品質を確認します。これは完璧な果実だけを次の加工工程に進めるためです。次の工程では果実を洗浄し、果皮の天然のワックスが輝き出すまでブラシをかけます。 黒く艶やかなアボカドが1秒間に25個という目にも留まらぬ速さでローラーを潜り抜けていきます。技術者は電子的な目を使ってアボカドの汚れをチェックします。シュッシュッと音を立てて通り過ぎる果実を3台のカメラが搭載された機械で1秒間に4枚撮影し、画像分析を行います。このカメラは、サイズの違いや果皮の損傷を検出することができます。品質テストに合格したアボカドは、ローラーで指定のパッカーに送られます。パッカーは25キログラム用の木箱にアボカドを手早く詰めていきます。
APEAMとは-画像5

スピーディな輸送

ロットの中で最高の果実だけが冷蔵コンテナに積み込まれ、温度差の影響を受けることなく、世界中へと輸出されていくのです。
APEAMとは-画像6

完璧な果樹の栽培と収穫

メキシコのアボカド農家は、完璧な果実をつくるために独自の技法を生み出しました。手作業による2本の木の接ぎ木は骨の折れる作業ですが、小さな木は3〜5年で実をつけ始め、やがて摘み取り作業のチームによって年間最大約340キログラムもの果実が収穫されるようになります。 収穫は、竿を使ってアボカドを木から直接摘み取ります。地面に落とすと果実が傷つくおそれがあるからです。 アボカド栽培の全過程を通じて厳格な品質管理が義務付けられ、果実が地面に触れた時点で輸出できないことになっています。